矯正をするメリットとは

「歯並び」以外の矯正

矯正するというのは「歯並び」だけにはとどまりません。基本は歯並びの矯正になりますが、いわゆる「出っ歯」であったり。「受け口」であったりも歯列矯正の一つになります。こちらは最初から見た目で分かりますので矯正による効果もより大きいでしょう。子供のころだと人の見た目、「身体的特徴」をとらえてからかうなんてことも起きてしまいます。それが後々大問題に発展なんてことにもつながりかねません。だからこそ特にこちらは低年齢児からの治療を考えられるといいのではないでしょうか。幼いころから抱えるコンプレックスを一つでも減らしてあげることができればいいですよね。ぜひ、そういったことも考えて行動されてはいかがでしょうか。

矯正することの影響

今までもいくつか挙げてきました。繰り返しになる部分もあるかもしれませんが振り返ってみましょう。
「歯列矯正」の治療中は歯にワイヤーを付けることが多いので見た目が悪くなります。そこは将来への投資と考えて乗り切りましょう。今は多くの人が「歯列矯正」を経験しており、そのことが原因で何かが起こることは少なくなっているのではないでしょうか。欧米では「歯列矯正」は親の義務と考えていることも多いです。
そして、「歯列矯正」されることで食事の際物をよく噛むことができるようになります。それまで細かく仕切れなかったものでも細かくなって胃に入ります。胃が消化しやすい状態にして食べていることでより吸収できるようになります。食べ残しが歯に詰まることも減り歯を磨きやすくなり虫歯になることも減るのではないでしょうか。


シェアする

B!